重陽の節句飾り 茱萸袋(ぐみぶくろ)

販売価格 17,000円(税込18,360円)
商品番号 wal0008
特定商取引法に基づく表記(返品等)
茱萸(ぐみ)の実と菊の花の取り合わせが秋の訪れを感じさせてくれる、重用の節句飾りです。

五節句の一つである重陽の節句(9月9日)。
桃の節句や端午の節句などに比べるとあまり馴染みがありませんが、もともとは五節句の締めくくりとなる大事な節句として、お祝いとともに厄祓いが行われてきました。

重陽の節句飾り 茱萸袋(ぐみぶくろ)



重陽の節句には菊酒を飲んだり、菊を鑑賞して楽しんだりと菊の花が欠かせません。
また、強い香りを持つ呉茱萸(ごしゅゆ)という実を赤い袋に入れて身に着けたり飾ったりして厄を祓い、無病息災や不老長寿を願いました。
こちらの節句飾りの下部分は、その呉茱萸を入れた袋を表しています。

重陽の節句飾り 茱萸袋(ぐみぶくろ)



9月といえば、まだ残暑が残り秋を実感しにくいけれども夏ではない、というちょうど夏と秋の中間のような時期。
夏の暑さで疲れた体を少し休ませて、秋へと気持ちを切り替えるタイミングだと思えば、ここに無病息災、厄祓いの機会が設けられているのも理にかなっているのかもしれません。
お部屋のしつらえを整えて気持ちよく、季節の移り変わりを楽しみたいですね。

重陽の節句飾り 茱萸袋(ぐみぶくろ)



ひとつひとつ丁寧に結ばれた菊の花と茱萸の実の水引細工は、まるでブーケのよう。
呉茱萸の袋をあわび結びで結び、落ち着いた赤でまとめました。

同じく重用の節句の飾りとして、お供え飾り 長月/重陽の節句・菊の花と菊の和菓子と一緒に飾っても素敵。



裏側に水引を結んだ掛け紐がついています。
すべて水引で作られていますのでとても軽く、壁を傷めずに飾っていただけます。

重陽の節句飾り 茱萸袋(ぐみぶくろ)



※ご注文を頂いてから、一つ一つオーダーメイドでお作りしますので、お届けまで一〜二週間のお日にちをいただきます。特にお急ぎの方は、注文時に備考欄にてご相談ください。

サイズ:縦 約19cm×横 約14cm×厚み約7cm(一つ一つ手仕事で制作していますので、わずかに違いがございます)


こちらの商品は、配送にポスパケットをお選びいただけませんのでご了承ください。

商品の色をできるだけ忠実に再現するよう努力していますが、ご覧いただく環境によって、色の見え方が若干異なる場合がございます。予めご了承ください。